【宮城県 8月】仙台七夕まつりの見どころをご紹介!

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり

開催日時:毎年8月6日から8日

新型コロナウイルスの影響により2020年度の開催は中止となりました。公式サイトにては発表あり。

仙台市内各所。中心部および地域商店街

毎年200万人を超える人々が訪れる宮城の夏の風物詩、それが仙台七夕まつりです。

このお祭り期間中、仙台の主要なアーケード街が笹飾りや吹き流しなどで彩られます。仙台七夕は、藩祖伊達政宗公の時代から受け継がれてきた伝統行事です。なんと政宗が七夕について読んだ句も残っているそうです。

今では七夕の旧暦7月7日の季節感に合わせて、8月7日の前後で仙台七夕まつりは行われるようになったのです。七夕まつり期間中は、仙台市内や仙台近郊のアーケードなどでの飾り付けだけではなく、各所でイベントも行われます。

仙台七夕まつりイベント会場

勾当台公園市民広場で開催されるおまつり広場は、多彩なステージイベントやグルメなどが楽しめるくつろぎの場となります。政宗を祀る霊廟である瑞鳳殿では、参道百段や本殿周囲を竹灯篭で灯し七夕の幻想的な夜を演出する瑞鳳殿七夕ナイトを行います。

また伊達家代々の居城跡である仙台城跡では、伊達武将隊による仙台城跡ナイトイベントが開催されます。伊達武将隊による迫力のある演技を仙台の街の夜景とともに楽しむことができます。

ここが見どころ!

仙台七夕といえば、やはり街を彩るたくさんの七夕飾りというイメージがあるのではないでしょうか。一度は写真などで見たことがあるであろう風景ですが、実際に目にするとその大きさや鮮やかさにとても驚かされます!

飾りはそれぞれ企業や団体などさまざまな人たちが作り上げた作品で、細かい装飾の施されたものやキャラクターの描かれたものなど、一つ一つじっくり眺めても飽きることがありません。

また仙台七夕には欠かせない七つ道具と呼ばれる飾り物があり、昔からそれぞれに深い願いが込められています。吹き流し、巾着、投網、屑籠、千羽鶴、紙衣、短冊、と全部で七種類あります。

仙台七夕まつりのイメージはこの中でもアーケードに下げられた吹き流しである方も多いでしょうが、よく探すとその他の飾りも意外とたくさん見つかります。これらを探しながら仙台七夕を見物すると、いっそう趣が感じられるかもしれませんね。

ここに気をつけて!

仙台七夕は全国的に有名なお祭りであり、多くの観光客がこの期間中仙台の街を訪れます。当然のように多くのホテルが早いうちから予約で埋まってしまうので、宿泊の際は早目のご予約をおすすめします。

公式サイト(主催)へ

会場へのアクセス方法

✅中央通り七夕飾り:JR:仙台駅 西口、地下鉄東西線、南北線:仙台駅、地下鉄南北線:広瀬通駅
✅一番通り七夕飾り:地下鉄東西線:青葉通り一番町駅、地下鉄南北線:勾当台公園駅
✅おまつり広場:地下鉄南北線:勾当台公園駅

Googleマップで行き方チェック!

関連記事

  1. 秩父夜祭

    【埼玉県 12月】秩父夜祭(ちちぶよまつり)をご紹介!

  2. 【静岡県 1月~3月】熱海梅園梅まつりと周辺のオススメスポットを紹介!

  3. 阿波踊り

    【東京都 8月】東京高円寺阿波おどりをご紹介!

  4. 【大分県 2月】大分市中央通り歩行者天国をご紹介!

  5. 深志神社の天神祭

    【長野県 7月】松本 深志神社の天神祭り『天神様』をご紹介!

  6. 八戸三社大祭をご紹介!

    【青森県 8月】八戸三社大祭をご紹介!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。